08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

そういうイケメンに私はなりたい。 

 野良パーティに参加するようになり、とうとう自分で募集までするようになりました。ギルハンなどでしたら事前にクラス構成を話し合って調整するということもできますが、野良ではぶっつけ本番。
 まぁ、レベルが60以上の方も多いですから、48異界ならバランスよく揃っていなくても問題なかったりはするのですが。

 それでも当然皆、無傷で行けるなんて言うことはなく。ポーションでの自動回復が間に合わないくらいのダメージを受けることもある。しかし、賢者がいない。
 そういうときにさっと賢者にクラスチェンジしてヒールをかけてくださる方もいます。おぉ、何と言うイケメン!

 私も気分的には仲間を回復する、というのは好きなのですけどね。でも、賢者にはなかなか手が出せませんでした。やっぱりプレッシャーがかかりますので…。
 他のゲームでは盾をやったり、ヒーラーをやったりという経験がまったくなかったわけではありません。しかし、やはりシステムが多少違っていたり、何よりそれはものすごく昔の話です。
 まぁ、比較的最近ヒールできるキャラをよく使ってはおりましたが、仲間をタゲってヒールや補助をかけるという操作をしておりませんでしたからね。わかる方にはおわかりいただけると思いますが。

 なので、星界神話においては賢者から逃げていたのですが、東に怪我の戦士あれば行って回復してやり、西に疲れた賢者あれば行って手助けしてやり、そういうイケメンに私もなりたい。(ちょっと強引だな…)

 と、いうわけでまたもや思い切って賢者の練習も始めました。ジョブレベルもさほど上げていなければ、腕もへっぽこ。装備もガンガン課金して強化しているわけではございませんのでお察し。当然、回復量も乏しいわけで。
 ペロる人を出してしまったことももちろんあります。でも、どんなに防御力がなくても、どんなに強い敵に囲まれても絶対に死なせません!というのには無理がある…。

 盾以外 囲まれたなら 超逃げて

 へっぽこ賢者、心の句。いや、本当に無理に攻撃しようとしなくていいからHPが危なかったらとりあえず逃げてください。私もナイト以外のときに敵に狙われたら逃げ回りますよ!(いばるな)
 蘇生スキルはありますけど、あれ発動に時間がかかるのねん。

 いや、もちろん私の腕が悪いせいがあることは否定しませんが。あるときなどは途中で賢者交代しましたよ。

 「自分が賢者やるんで、好きなのやってください。」

 …そんなに酷かったのですかね。ごめんなさいっ。(土下座)

 でも、練習しなかったらいつまでたってもうまくはなれないわけで。めげずに修行を重ねるしかありません。

 と、いうわけで私が賢者をやっているパーティに参加してしまった皆様。決して「賢者いるし」と安心してはいけません。ある程度は自分で耐えてくださいますようお願い申し上げます。(汗)
スポンサーサイト

カテゴリ: 星界神話

テーマ: 星界神話 - ジャンル: オンラインゲーム

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 星界怪奇事件ファイル  |  思い切ったかいがありました! »

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter

カウンター