02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

あぁ、非情…? 

 これまた少し遅れた話題になってしまったかもしれませんが

 「 新たな倉庫の追加と拡張倉庫の仕様変更について」というお知らせが来ましたね。おぉ、ようやく倉庫拡張が来た?これを待ち望んでいたプレイヤーは多かったことと思います。もちろん私もそのうちのひとり。倉庫がいっぱいで何も拾うことができなければ、もう何もできないですからね。
 さて、ページを開いて詳細を見てみましょう。

・キャラクターごとに無償でアイテム300個を格納することができる倉庫(キャラ倉庫)を追加
・プレミアム倉庫の格納アイテム数を300個から400個に拡張

 ほぅほぅ。

 「しかしながら、現在の倉庫機能のままでは前述の追加対応が困難であるため、以下のとおり「拡張倉庫」の仕様変更もあわせて実施させていただく予定です。」

 …はい?

・アイテムパックから「拡張倉庫」へアイテムを送ることができないように変更
・倉庫メニューの「すべての倉庫」を選択した場合、「拡張倉庫」のアイテムは選択されないように変更
・マイショップ出品およびショップメニューのアイテム売買において、「拡張倉庫」を選ぶことができないように変更

 …何ですか?この釈然としない感じは。なぜに今まである倉庫の容量を増やすのではダメなのかいまいちよくわかりません。プログラマーでもなんでもない私にわかるはずもないのですけど。現場で働いている方々には、様々な苦労があるのだろうということくらいはぼんやりと想像できる程度のものですな。

 ただ、ひとつ「消費者は非情」ということは言えると思います。

 例えば、新商品のボールペンがあったとします。インクの濃度を濃くして、同じインクの量でもっと長く使えるとかいうものだったとしましょう。しかし、残念ながら

・書く線がぶつぶつ途切れてしまいます。
・よくインク漏れを起こします。
・落とすとすぐに割れます。

 という特徴(?)をあわせもっていたとしたらどうですかね?きっと技術者の方々は

 「このインクで滑らかに書けるようにするには高度な技術が必要で…」「安価でかつ耐久性のある素材を調達するのが難しく…」とか言われるのでしょう。

 でも、そういう説明を聞いたとしても「それでは仕方ないですね」と妥協する消費者というのは極まれでしょう。ほとんどの方は「じゃあ、他の筆記用具を使うからいりません」となるかと思います。
 技術的にどうか、というのは使うだけの人間から見ればどうでもいいのですよ。できるか、できないか。性能に見合う価格であるか。気にするのはそういう点しかない。

 ましてやこの場合は今まで倉庫に課金していたプレイヤーが不利益をこうむることになるわけですよね。特に倉庫に課金を続けていたわけではない私から見ても気分のいいものではありません。いつ自分の身に降りかかるかわからないのですから。
 これを「仕様です」で済ませているようでは、大きく信頼を失うことにしかならないと思いますがね。

 実装までにはまだ時間があるようですので、その間に何とかいい解決策ができますことを期待しております。
スポンサーサイト

カテゴリ: PSO2

テーマ: ファンタシースターオンライン2 - ジャンル: オンラインゲーム

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 召喚魔術の間  |  ルールを守るのがマナー? »

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter

カウンター