02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

いつでも正面突破? 

 「最近もやもやしていることはある」ということはちょこっと書いたと思います。まぁ、PSO2内でのことで、となると皆様思い当たられると思います。フォトンブースターの一件です。

 と、言っておいてなんですが、私はいまひとつピンと来ておりません。「赤武器」と言うのが何だかわかっていなかったくらいです。「赤の○○」という名前の武器があるようですが、それらのことだったのですね。(だって、用語集とかにも載っていなかったですし…)
 ただ「チャレンジを強制しようとしている」ということくらいはわかりました。

 いや、まぁいいですけどね。どうせ私には縁のない話です。…と、言いますか、より正確には「何を導入されようとできないものはできないですし、やりたくないものはやりません」ですけど。
 そう割り切ってはいても、不快感を払拭できるわけではない。

 PSO2食堂にはメニューがたくさんあると思うわけですよ。定食もあれば、丼物もある。ラーメンやおそばだってある。で、どのメニューが気に入っているかは人それぞれです。
 「おすすめは何ですか?」と聞いて「今ならカツ丼です」と答えが返ってくるのはいいです。「今なら新メニューキャンペーンでカツ丼を注文されたお客様に次回から使える割引券を差し上げます」と、それもいい。

 ただ、どうにも今のやり方ではカツ丼以外のメニューを注文すると店員さんに店を叩きだされるまでは行かないものの、露骨に嫌な顔をされるようなものですよね。今までのメニューが好きで通ってくるお客さんのことはまるで考えていない感じで。
 そのうち「カツ丼を完食してからでないと他のメニューを注文することはできません」とか言われそうな勢い。

 カツ丼が好きな方はまだいいかもしれません。しかし、そうであったとしてもこんな店員さんの態度を見て、この食堂に好感を持つ方というのはいらっしゃるのでしょうかね?
 そこまでカツ丼を推したいのあれば、いっそのことカツ丼の専門店にでもすればよろしい。

 新商品が思ったように売れない。何か改良などしたいと思ったとき、方法はいろいろあると思うのです。大々的に宣伝をする、値下げする、何かプレゼントをつけるなどが代表的かもしれませんが、それだけではない。
 味付けを変えてみる、盛り付けを変えてみる、材料の組み合わせを変えてみるというのももちろんありますし、食べやすい量と値段のバランスを考えてみる、名前を変えてみるなどもありますね。ときには逆に値上げをしてみるというのもアリですよね。「その分、味が格段に良くなりました」なら納得して買う、食べるというお客さんもいらっしゃることでしょう。まぁ、あくまで例え話ではありますが。

 とにかく現段階ではやり方が雑すぎるとしか言えない。…う~ん、ここら辺も何とか簡潔にまとめて要望として送ってみようかなぁ?
 ついでに何かをグラインダーに交換するシステムより、グラインダーを何かに交換できるシステムを作ってください!(唐突に思いついた)
スポンサーサイト

カテゴリ: PSO2

テーマ: ファンタシースターオンライン2 - ジャンル: オンラインゲーム

[edit]

tb: -- | cm: 0

« たったひとつの冷めたやりかた  |  まったくの余談 »

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter

カウンター