06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

成せばなる? 

 ここ最近、ちょっともやもやするところもあるわけですが、やっていれば楽しいことやうれしいことに出会える機会もあったりします。「これはネタにできるだろう」と思う出来事がありましたので、今回はそんなお話です。

 1日に一回くらいは緊急に参加できないとちょっと満足感に欠けるというのは前に書きました通り。「何か参加できそうな緊急が来ないかな~」そう思って夜更かししておりましたら…アムドゥスキア緊急が来るというお知らせが入りました。
 アムドゥスキアか…文字にすると打ちづらいな。(それは関係ない)まぁ、とにかく「参加したくない」というものでもありませんので、よし行ってきますかね。
 クライアントオーダーを受けに回り、倉庫から装備品を引っ張り出し、と準備をしましていざキャンプシップへ。

 1周めに関しましては特にネタにすることはありませんでした。普通です。別にボスを倒しに行かなくてはいけないということもないので時間いっぱいぐるぐる回る。

 そして、2周め。フィールドに降り立ち、他の参加者の皆様を探し…お、人の姿を発見。と、合流はできたものの…あれ?何だか人数が妙に少ない?どこかにばらけてしまっているのかな?走りながら参加人数を確認…4人。

 私を含めて4人?

 え?4人だけ?ど、どうしよう…普通の雑魚(いや、私にとっては雑魚ではないが)の敵ならともかくボスが出てきたときに4人で対処できるの?全滅エンドとかありえる?

 …ん~、でも、そのときはそのときか。他の3名様も帰る気配はない。とりあえずできるところまでやってみましょう。敵が出現したらガシガシ殴る…のはいいのですが、やっぱりそのうちドラゴンが出てきます。

 とりあえずペロらない。敵を攻撃することより他の皆様の足を引っ張らないことを優先する。雑魚敵も一緒に出てきますからね。ボスだけに集中していればいいかと言ったら、他の敵にも気を配らないと後ろから殴られて昇天…なんてこともあったりする。

 しかしまぁ、これがやってみればけっこう何とかなるものですね。12人で戦うよりはそれは時間はかかりますけれど、倒せないわけでもなかった。もちろんひとえに他の皆様のおかげですけど。本当に役立たずで申し訳ございませんでした~っ!

 と、何とかかんとか時間いっぱいまで生き残ることには成功しました。タイムオーバーで強制送還させられてしまうので、その後残った皆様がどうなったのかはわからないというのがちょっと心残りではありますが。余裕があれば「お疲れ様でした」くらいは言いたかったですにゃあ。履歴から探そうにも、何せお名前をちゃんと見ている余裕がなかったものですからどなただったのかわからないのですよね。(汗)

 多分、伝わることはないと思いますが、ここでお礼申し上げます。4人で戦い抜いたのはとても達成感がありました。皆様、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

カテゴリ: PSO2

テーマ: ファンタシースターオンライン2 - ジャンル: オンラインゲーム

[edit]

tb: -- | cm: 0

« まったくの余談  |  思い出のビーチへ »

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter

カウンター