09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

君はまだシンデレラ? 

 またもや元ネタが古いけれど気にするな!歳が歳であることは認めるよ!(苦笑)

 コーディネートの話をしたり、マイルームをいじっていたりしていますが、別に常時ニークスというわけではないのですよ?ちゃんとアークス業もやっていることもあるのですよ?

 先日…ってまたも何日も前の話になってしまうのですが、ちゃんと緊急にも行ってきましたよ~。通常クエに行って帰ってきまして、ロビーのベンチに腰かけた状態で簡単に荷物の整理をしておりました。ぽいぽいと倉庫に放り込んでいたら…

 「あれ?こんばんは~。」

 え?私ですか?顔を上げてみると目の前にひとりのアークスさんが。ゲーム内でお会いするのは初めてのことでしたが、お名前は覚えておりました。Twitterでのお知り合いです。

 ゲーム内でははじめまして~。なかなかお会いできませんでしたね、という感じであいさつを交わしていたところでもうすぐ緊急任務が来ますよというアナウンス。
 せっかくですので一緒におでかけしませんか?ということになりましてふたりでヴァーダー討伐に参加。またひとりでこっそり混ざろうかと思っていたのですが、これはうれしい。^^
 もちろん戦闘中はおしゃべりしている余裕はありませんでしたが、帰ってきてからキャンプシップ内でおしゃべり開始。
キャンプシップでおしゃべり
 その中での一コマ。

 「防具は新調した方がいいと思いますね。」

 ぐわっはぁっ。武器はなんとか+10のものを入手したことは前にも書いた通り。防具については、コモンユニットを3種揃え、+10にし、クラフトもしてみて数値はそれなりの値になっていた…と思っていたのですが、やっぱりそれでは甘かったようです。

 もちろん、これまでに☆10の武器やユニットはいくつか拾ってはいます。でも、レアは強化するのが難しいのですよね…?と思ったら

 「あぁ、大丈夫。ユニットは武器に比べればまだしやすいから。リスク軽減がなくても行けるよ~。」

 そして、揃えるのだったらこれがいいのではないかな?とお勧めのユニットを教えていただきました。ありがとうございました!

 そして、それから次の日かさらにその次の日だったか。とにかく、また通常のクエをこなしておりました。そして帰ってきたのですが、もうこれから出かける気力はない。でも、まだ少し遊びたいな。
 少し考えて思いついた。そうだ、他の方のお部屋を見せていただこう。フレンドリストを見ると私の最初のフレンドさんがお部屋にいらっしゃるようです。お留守の間にこっそり覗いたって別にいいわけですが(実際やってますし)でもまぁ、気分の問題です。ここしばらくお会いできていなかったというのもありましたしね。

 「こんばんは~。お邪魔します。」

 なかなかに斬新な配置やいろいろな家具を見せていただいたのですが、やっぱり装備のことが気になってしまうのはあったわけで
先輩のお部屋にて
 あれこれご教授いただいたのですが

 「でも、まだ装備が壊れないだけ良心的ではあると思いますよ。」

 あ、そうか。わりと他のネトゲですと強化値が一定以上で強化に失敗するとその武器や防具が消失してしまうということもあるのでしたっけ。(で、課金課金になるんですよね…私はそこまでやっておりませんが)
 それでドゥドゥやモニカを許せるわけではないですが(笑)、でも確かにそう考えると少しは気が楽になります。

 ちょこっと覗かせていただくつもりだったのに、気づいたらえらく長い間話し込んでしまいました。お時間を取らせてしまってすみませんでした。ありがとうございました!

 と、さらにその後。気が楽になる、といったところでこれは実際にやってみるしかありません。グラインダーとメセタを倉庫から引き出してスタンバイOK!

 VH帯レベルの防具だけどとも言われたのですが、わりといい防具であるらしいヴァーダーユニット。3種揃えていざ強化開始。ひたすら強化を連打、連打!すばらしく運がなかろうが負けない!強化値が-2になってもいちいち気にしない!

 何とかかんとか3つとも+10にすることに成功。

 そうだ、レアでもレア度が低い武器なら、これもやってみれば行けるのかな?レンジャーのときに使っているライフルを引っ張り出して(☆7かな?)同じく強化を連打!以下略!
 こちらも結果的にはリスク軽減なしでもなんとか+10にできました!ここまで行ければさすがに達成感があります。(まだ、潜在解放までは手が出せませんが、それはまだ先の話ですね。)

 しかし、メセタが飛ぶことは覚悟していたものの、終わった後にグラインダーの減りっぷりを見て一瞬固まりました。「これだけの回数連打していたのか」と…。

 まぁ、でもこれで一人前のアークスへの階段をひとつ上ったような感じですかね。道はまだまだ遠そうですが…。
スポンサーサイト

カテゴリ: PSO2

テーマ: ファンタシースターオンライン2 - ジャンル: オンラインゲーム

[edit]

tb: -- | cm: 9

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter

カウンター