08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

疾風怒濤の弾丸ツアー! 

 さて、私がチームに参加させていただいてしばらくして。例によってログインしてぺちぺちと適当なクエをこなしていた、そんなある日のことです。

 「あ、天さん」
 「はい?」

 ちなみに「天さん」とか「天ちゃん」とか呼ばれるようになっております。確かに「偽天使」って打つの面倒くさいですよね。★までもとなったらなおさら。そこら辺は適当に略していただいて構わないです、はい。

 「何ならデイリー一緒に行く?」

 デイリー。何やら仕様が変わって報酬がとても多くなったのですよね。確かにその名の通り毎日こなしておきたいところ。ただ…

 「え?でも私にはまだ行けないところだったと思いますが…」

 この日のデイリー(もちろんひとつではありませんが)は竜祭壇というところでした。私まだその名前をうっすら聞いたことがある程度です。
 しかし、クエを受ける人が受けられれば一緒に行くことはできるとのこと。うん、せっかくお声をかけていただいたのだから行ってみよう。

 チームの先輩と初めてのお出かけで初めての場所。どんな感じなのでしょうか…?って

 おわ~っ!

 いや、とにかく進み方の速さにびっくり。「クリアできればいい」ということだったのか難易度低めだったようです。なぜに一緒に行ったはずなのに伝聞形なのかと申しますと、とにかくまともに見ている余裕がなかったためです。もちろん攻撃はしていましたけれど、ついていくので精一杯。ボス戦とかもどうだったのか、よく覚えておりません。^^;

 予想外の速さで帰還したところで

 「じゃあ、ハルコタンも行ってみようか」

 新しく追加された惑星ハルコタン。新しいところに足を延ばすなんていうことは考えられなかったわけで、ハルコタンデビューはまだまだ先になると思っていたのですが、まさかこんなに早く行くことになろうとは。いったいどんなところなのでしょうか…?って

 おわ~っ!

 見たことのない街並みに見たことのない敵。それらをまじまじと見ている暇はやっぱりない。マップを見ながら「え?先輩、どこですか~?」と。^^;

 で、やっぱりそれほど時間はかかっておりません。まだ行けるよね、ということになったのですが

 「あれ?受けられない…?」

 私の難易度解放がまだだったため制限がかかってしまったようです。あぅあぅ、すみません…。

 「何を倒せばいいんだっけ?」
 「えぇと、スノウバンサー、ヴァーダー、クォーツドラゴンですが…」
 「おぉ、ちょうど用事があったんだ」
 「?」
 「ついでに行ってしまおう」

 えぇぇぇ?今度はついこの前行けるようになったばかりのラピュタ浮遊大陸に突入。初めてその姿を拝むことになったクォーツドラゴンでしたが、とりあえず距離を置きながらひたすら攻撃を撃ち込む。しかし、もちろん先輩が一緒だったおかげで特に問題もなく見事に撃破となったわけで。

 「あと何が残ってる?」
 「いえ、これで全部です」

 ヴァーダーに関しましては前に書いた通り。スノウは何とか自力で達成できておりました。と、いうわけでめでたくベリーハード解放。…となったところでさらにもう一本クエに行ってきたわけですが、ここら辺で私の少ない脳みその記憶力は限界でございます。

 何せほとんどがひとりでのろのろと行動していただけでしたので、こんな弾丸ツアーは初めて。いろいろな意味で追いつくことができていなかったと思いますが、ひとりでは到底できない経験で楽しかったです!
 まぁ、毎回毎回この調子では忙しすぎるとは思いますが、ソロ活動は好きな時にできるわけですからね。他の方と一緒に行動したりというのはできるときにしておかないと。

 この後、ありがたいことにこのような機会が増えてくることとなったのですが、それは例によって次回以降に回します。
スポンサーサイト

カテゴリ: PSO2

テーマ: ファンタシースターオンライン2 - ジャンル: オンラインゲーム

[edit]

tb: -- | cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter

カウンター